スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやく100位まで調べ終わった

昼休み等にちまちま調べた結果、
次世代OPACようやく100位まで調べ終わった。
どろぶねは仕事がトロいのです。

取り合えず終わったところまで公開。

まず、注意点も含めて。
・調査対象:Timeの大学ランキングに載っていた大学の図書館
・方法:対象大学の図書館Webサイトにアクセス。
     OPAC(Catalogueと書いてあることも多い)にアクセスして、
     分かった範囲で、どの製品を使っているかを調べる。
・注意点
 ・あくまでサイトを見て判断しただけなので、間違っている可能性がある。
  とくにどろぶねが知らないパッケージを使っている場合は?になっている。
 ・INNOPACとMilleniumの差異がよくわからなかったので、一律Milleniumとした
 ・同様にSirsiDynixの製品について、SymphonyとUnicornの差異がよくわからなかったので一律Unicornとした
 ・カリフォルニア大学はLA、バークレー等が個別にランキングされているため、個別にカウントした。
  またカリフォルニア大学の総合目録Melvylの次期バージョンを
  次世代OPACとしてカウントしている(そのため、Worldcat Localが若干水増しされている)
 ・イリノイ大学はキャンパスごとに別の次世代OPACを入れているため、次世代OPACの集計では
  2つのシステムをそれぞれカウントしている。
 
まず100位までの図書館のILS=旧OPAC
ILS 件数 割合
Aleph 24 24.0%
Millenium 22 22.0%
Voyager 17 17.0%
? 14 14.0%
Unicorn 11 11.0%
Talis 3 3.0%
NEC 2 2.0%
Horizon 2 2.0%
Geac Geoweb 2 2.0%
VTLS 1 1.0%
NTTデータクリエイション(現:NTTデータアイ) 1 1.0%
fujitsu 1 1.0%
100

続いて次世代OPAC
合計が101なのは、上記のとおり、イリノイ大学を2つと数えているから。
次世代 件数 割合
- 65 64.4%
Worldcat local 9 8.9%
Primo 7 6.9%
Aquabrowser 6 5.9%
Vufind 6 5.9%
Encore 4 4.0%
Endeca 2 2.0%
Scriblio 1 1.0%
? 1 1.0%
101

この100件を見ても、
・次世代OPACの普及率は35%程度
・ILSはAleph、Voyager(Ex Libirs)、Millenium(Innovative)の3つで6割以上のシェア
というぐらいしか分からない。

ILSと次世代OPACの関係を別途集計中。
つまり、Alephを使っているところが、次世代に何を使っているかというの。

ついこないだも、この200位までのランキングには入っていないが、
シラキュース大学がEncoreを採用したというニュースがあった。

シラキュース大はILSにはVoyagerを使っているという珍しい組み合わせだが、
こういう「フロントエンドだけを(別ベンダーで)取り替える」というのが、
どれぐらいあるのか。

もう少しお待ちを。
200件まで調べきってからの方が数字としてはおもしろいかもしれない。
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。