スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Summon というもの

Dartmouth College Libraryが"Summon"のbeta testバージョンを公開した。
http://www.dartmouth.edu/~library/home/find/summon/


SummonというのはSerials Solutionsが絶賛開発中の
いわゆる次世代OPAC

ざっとみた特徴として
・ファセットがチェックボックス
 これはいいのか悪いのか。個人的には
 若干使いずらい気がする。
 複数の選択がやりやすいということか。

・同じくチェックボックスで、フルテキストがあるもの限定や
 図書館外のリソースもあわせて表示、という選択ができる。
 後者はどこから取ってきているのかよくわからない。

・ジャーナルアーティクルが多数。
 これもどこから取ってきているのかわからない。
 fulltextマークが目立っていてわかりやすい。

・ピアレビューを含む学術文献に限定というのもあった。
 どこで(書誌データのどこで)それを判定しているのか。

・フルテキストがあるものは直にフルテキへ
 ないものはリゾルバへ
 図書は、ILSのOPAC(の詳細表示)へリンクが張られている。
 つまりSummonだけだと詳細表示はない?
 →申込等には従来のILSが必要ということか。

・出版年の絞り込みをバーで指定する形式になっているのは面白い。
 見た目で、どれぐらいの件数があるか相対的にわかるようになっている。

Serials Solutionsは北米ではAquabrowserも扱っているが、
今後はどうするのだろうか。
まだAquabrowserの方が見た目は洗練されている気はするが。
スポンサーサイト
検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。