スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ex Librisのプレスリリース

"Keio University"がAleph(とは直接書いていないが)
を選択した、というのが、
Ex Librisのプレスリリースに出た。
http://www.exlibrisgroup.com/?catid={916AFF5B-CA4A-48FD-AD54-9AD2ADADEB88}&itemid={D882397C-B582-49A3-8CEE-122C2DC302F5}

まあ、ようやく出たかといったところ。

Ex Librisにとってはこれからが長いのだろうなあ。
グローバルスタンダードなILSが
日本での選択肢になれるのかどうか。
というかなってもらわないと、今後困ってしまうと思うのだが。

1.MARCの問題
2.日本語処理とサポート
3.金額
4.カスタマイズ好きな細かすぎる図書館員
5.そしてNIIの動向
といったところがポイントだろうか。

壁は高いね。
携帯なんかよりよっぽどガラパゴスですよ。

↓は未だに積読中。

フラット化する世界 [増補改訂版] (上)フラット化する世界 [増補改訂版] (上)
(2008/01/19)
トーマス フリードマン

商品詳細を見る
フラット化する世界 [増補改訂版] (下)フラット化する世界 [増補改訂版] (下)
(2008/01/19)
トーマス フリードマン

商品詳細を見る

コメント

非公開コメント

検索フォーム
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブクログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。